「鑫福(しんふく)」大阪にある本物の中華料理を本場中国の雰囲気で食べられる美味レストラン

「鑫福(しんふく)」大阪にある本物の中華料理を本場中国の雰囲気で食べられる美味レストラン

大阪には数多ある本格的中華レストランがあります。しかし、本物の中華料理を食べられるところは多くはありません。

料理の味、店の雰囲気、店員の質、客層、全て中国を感じられ、お店に入った瞬間から中国にいるかと錯覚してしまう中華料理屋、それが鑫福(しんふく)です。

この店が好きすぎて、中華料理を食べたくなったときに真っ先に頭に思い浮かぶぐらい。

※「鑫」の字は、金を3つ、森のように合わせた漢字です。

鑫福(しんふく)の立地

鑫福は日本橋駅から北へ歩き、道頓堀を渡ったところにあります。堺筋の東側で道頓堀の北のエリアは、有名なグリコの看板までも歩いていける距離ですが、中国や韓国の移民が多いエリアで雰囲気もどこかそんなアジアンな感じです。

そんな中にこの本物の中華料理や「鑫福」はあります。

外には魚が泳いでる水槽や、冷蔵庫に入ったいろいろも売っています。

shinfuku

鑫福(しんふく)の店内

入り口はいってすぐに目に飛び込むのは、いろいろな中華料理の具材や調味料など。

shinfuku_inside

もう、店内の匂いがすでに日本のレストランの匂いじゃなくて、中国のそれです。

異国感を感じて、ちょっとした緊張で背筋が伸びます

中国の惣菜もたくさん並んでます。食べてる途中にもひっきりなしにお客さんがきて買っていってました。

shinfuku_sozai

平日の夜に行ったんですが、お店はテーブル一つ残して満席。誰かが食べ終わってもすぐに席が埋まります。

人気ですね。

shinfuku_inside

ちなみに自分たち以外は中国語を話してました。ここは大阪なのか本気で疑うレベル。

心斎橋やグリコ周辺は中国人観光客が沢山ですが、ここの中国人率はそれを余裕で上回ります

いざ、鑫福で本物中華料理を注文!!!

メニューはこんな感じ。ページ数10ぐらいあるので、かなり沢山のメニューがあります。

shinfuku_menu

日本語訳もつけてくれてるけど、あんまり当てにしないほうがいいかも。

トリの足は「トノの足」になってたり、「牛キンビキ筋串」ってなにかよくわからないし、怪しいメニューも沢山あるので。

お通し

席に座るとお通しがでてきます。今日はピーナッツと高菜のザーサイみたいな味がするやつ。

penuts

このピーナッツは唐辛子と花椒と一緒に入っていたやつで、食べるごとに辛さが口の中に広がってきます。花椒好きとしてはたまらないピーナッツ。欲しい。

花椒を食べたときの口の痺れはなんともいえません…!最高。

豚肉とピーマンの炒めもの

shinfuku_pork

普通に美味い!!!ピーマンの火の通り具合が絶妙です。ナスと豚肉に中華餡が絡まってガンガンいける味。

でもメニュー表記はこちら・・・

shinfuku_menu

エビ、はいってないぜ…。更にナスは入ってないことになってるけど、漢字ではナスって書いてあるな。

中国だからその辺はアバウトなのかな…。

ラムの串焼き

lamb

クミンとちょっと辛いなにかで味付けされて串焼きになった羊肉。クミンの香りがめちゃめちゃ効いてる!美味い!

水餃子

gyoza

写真よりもかなり大きめです。皮が手作りっぽくてもちもちしていて、中身もジューシー。美味い!これは毎回頼んでます。一番とっつきやすいメニュー!

チャーハン

fried_rice

ちょっと油が多く感じたけど、そのへんの中華料理屋やラーメン屋で食べるチャーハンとは全然違います。パラパラだったり全然しない。うまし!

鑫福での注文の仕方

注文するのには気合がいります。気合です。

メニューをみて分かればいいんですが、ちょっと躊躇してしまうものもあるのでドキドキです。隣で誰か食べてて、美味しそうだったらそれを指さしたりできるんですけど。

店員は中国人で日本語が堪能ではないので、聞くに聞けないし、なかなか難しいです。中国語が話せたらめっちゃ楽しいだろうな〜と思います。

中国料理になれてる人だったら、カエルとかセミとか豚の◯◯とか、いろいろあるので楽しいんじゃないかな。

ちなみにビールはアサヒとキリンの瓶ビールがありますよ。

鑫福のまとめ

さて、「鑫福」、ここまで読んだ方ならお分かりと思いますがかなり濃いお店です。ヒジョーに濃い!

初めてのデートには絶対に向かないお店だと思います。もしお相手が異文化大好きだったらいいかもしれません。濃すぎて引かれても責任はとりません。味、接客、雰囲気、全てが中国レベル。

私は、大阪名物のお好み焼きとか串カツとか食べちゃって何にしようかな〜とか思ってる友達が来たら連れてっちゃうことが多いです。中国に行かなくても中国に行った気持ちになれますからね、本気で。

しかもこのお店、24時間やってるみたい…。規格外すぎる。

  • 店名 鑫福(しんふく)
  • HP なし
  • 住所 〒542-0082 大阪府 大阪市中央区島之内2丁目9−11

鑫福近くの路上で魚を捌いている人がいました。この周辺は中華街よりも中国だぜ…
nipponbashi_china

大阪カテゴリの最新記事