破れたゴアテックスを修理!リペアシートを使って費用は格安でした。

破れたゴアテックスを修理!リペアシートを使って費用は格安でした。

登山やスキーウェア、スノーボード、キャンプ、釣りなど全てのアウトドアに欠かせないアイテムとなっているのがゴアテックスのウェアです。

長く使えるんですけど、やっぱり使っているとちょっとずつ破れてきます。しかし、ゴアテックス パーマネント リペアシートを買って修理すれば、費用をかけず使い続けることができます。

今回、私が直したアイテムはMAMMUTのゴアテックスパンツです。大体7年前ぐらい使ったのでそろそろ寿命ですが、なんとか修理してもう少し使わせてもらいたい!

今回直すのはゴアテックスパンツ

おしりのところがちょっと破れてしまいました。これじゃあ座った時に雪が溶けておしりが冷たくなってしまう…。

ゴアテックスパンツ

というわけで、さっそく直していきますが、その前に修理に必要なものを紹介します。

ゴアテックス修理に必須の「ゴアテックス パーマネント リペアシート」

IMG 3168

モンベルで販売している「ゴアテックス パーマネントリペアシート」(GORE-TEX PERMANENT REPAIR SHEET)、直訳すると、ゴアテックス永遠に修理するシート、です。

とっても凄い感、あります。サイズは20cm ✕ 20cmです。

ゴアテックス修理開始

まずは破れている箇所を縫います。家にミシンがあったので、それを使って縫いました。

ミシンがなければ手縫いでもぜんぜん大丈夫です。

表側はこんな感じです。できるだけ細かく縫ったほうがいいと思います。もしもリペアシートが剥がれてしまっても穴が小さい方がいいので。

ゴアテックスパンツ縫い済み

内側はこんな感じ。

ゴアテックスパンツ縫い済み内側

この縫い目に合わせて購入した「ゴアテックス パーマネントリペアシート」を切ります。切る際にはできるだけ角がないように丸や楕円などの形で切ったほうが剥がれにくいです。

それを内側から縫い目の上に合わせて、アイロンをします。

説明書にも書いてありますが、中温(160度)であて布をして20秒ほどあてます。思ってるよりも熱いですが大丈夫です

接着後、温かいうちはまだ接着剤が柔らかい状態なので、少し冷えるまで待ちます。

くっついてない部分があれば、再度あて布の上からアイロンをあてましょう。そうすればくっつきます。

ゴアテックス修理完了

ピタッとくっついているのがわかります。完璧に修復完了です。

ゴアテックスの商品は高級なものが多いので、このパーマネントリペアシートはゴア製品を使っていたら必須レベルだと思います。

まとめ

本記事では、モンベルの「ゴアテックス パーマネントリペアシート」を使ってゴアテックスパンツを修理するやり方をお届けしました。はっきり言ってめちゃくちゃ簡単です。

ゴアテックスのジャケットやパンツが破れちゃった、という方は捨てちゃう前に修理できないか試してみましょう。1000円せずに買うことができるので、数万円する新しいウェアを買うことを考えれば格安です。やらない理由がありません。昔、ウェアを修理に出したら一万円ぐらいかかったし…。

ちなみに、下記のモンベルが販売しているリペアシートという商品はアウトドアウェアやギアが壊れた時の応急処置用です。ウェア類やテントなどが破れちゃった時にその場しのぎで直すためのものなので、似ているけれど間違えて買わないようにしましょう。

テント泊や、縦走やロングトレイルに挑戦する人は持っていった方がいいです。雨が降った時でもこれですぐに直すことができるので、必要な方は買っておきましょう。

ライフハックカテゴリの最新記事