大阪に他の地域から引っ越してきて感じる違いをまとめてみたよ【更新記事】

大阪に他の地域から引っ越してきて感じる違いをまとめてみたよ【更新記事】

私は東北出身で現在大阪在住5年ぐらいです。

住みだしてすぐは驚きがたくさんあったんですけど、しばらく過ごすうちにもう慣れてしまいました。

たくさんの違いを感じていたのに、今では不感症になってしまった気がします。

多分、まだ遅くない。

大阪に感じる違いや違和感を思いついたものをどんどん書き出して、大阪の特性を明らかにしたいと思います。

1、小学生が学校に水筒を持っていく

小学生が学校に水筒を持っていくんですよね、大阪って。

道を歩いている小学生が、ランドセルに加えて、手提げ袋、水筒をもって学校へ行っています。

いろいろ聞いてみると、それは普通らしい。

学校の水道水は飲まないそうです。

ふーむ、自分は学校の水道水をじゃぶじゃぶ飲んでたんだけどなぁ…。

2、学校帰りのおやつはたこせん

たこせん、って多分大阪の人しか知らないお菓子じゃないでしょうか。

えびせんを半分に割って、ソースとマヨネーズを掛けてたこ焼きを2〜3個間に挟んで食べる料理?です。

学校帰りの買い食いには、この、たこせんが一番人気なようです。

自分は今川焼きだったけど、これは地域によって違いそうですね。

長野だったら、おやきとかになるんでしょうか。

まとめ

ふと思いついたので、まだ2つしかありません。

引っ越してきた当初は本当にいろんなことに対して思ってたんですけど、今では鈍感になっちゃいました。

気持ちを新鮮にして日々過ごして追加していきます。

コラムカテゴリの最新記事